<-- プルダウンメニュー -->

« 10/20落合祐里香さん「木綿のハンカチーフ」ミニライブイベントレポ | メイン | 10/20・21の大須ほか徘徊記:大須大道町人まつりなど »

2007年10月24日

10/21 シンデレラの屋根裏&Re.De.TaiL合同ハロウィンパーティ

メイド・執事・男装喫茶「シンデレラの屋根裏」と男装喫茶「Re:De TaiL」がコスプレSNS「コスプレイヤーズアーカイブ」と提携し、場所の提供を受けて新栄に移動。この新たな出発を記念して開催された合同ハロウィンパーティに行ってきました。
 ・合同ハロウィンパーティ 特設サイト
 ・メイド・執事・男装喫茶 シンデレラの屋根裏
 ・男装喫茶Re:De TaiL

 071021yaneredit_01.jpg

【場所】 (マピオン地図

 地下鉄新栄駅1番出口から出て目の前の「葵町西」交差点を西(栄方面)へ渡ります。
 角の喫茶店の裏のマンションの14階が開催場所。
 071021yaneredit_12.jpg
 東山線の藤ヶ丘方面行きに乗り、新栄で降りるとこの風景の場所。便利だし分かり易い。

 マンションの入り口を入り、番号を押して屋根裏の使用人を呼び出し、1Fのドアを開けてもらう。
 奥のエレベーターで14階へ。ドアを開ければ、そこは屋根裏の異世界。
 
【室内】

 071021yaneredit_03.jpg
 元々がいい場所だけあって綺麗なんですが、ちょっと綺麗すぎるかなと個人的には思いました。
 ただし写真のように手を加えられて結構落ち着いた感じになっていたので、元のにオシャレさを巧く
 アレンジしていたのではないかと。
 それに「屋根裏」の設定が「ニャーゴヤというパラレルワールド」なので、現実離れしている場所
 として設定にも合いそうです。「屋根裏」主催の神楽さんも、そういった異世界的な雰囲気に
 していきたいとのこと。
 靴を脱いであがるためくつろぐことができ、また厨房部分と客室が近いため気を配りやすいという点も、
 神楽さんも気に入ってるそうです。また音響設備やビデオプロジェクターが最初から備わって
 いるのも便利で、夜には映画を流すなどうまく活用されていました。

 なお今回は使用しませんでしたが、写真奥の階段をあがると2階もあり、ベッドルームとミニスタジオ
 として使われている部屋がありました。こちらも後々使うこともあるかもしれないとの事。
 撮影会のようなイベントもできそうな感じでした。

 そしてこの場所の特徴はなんといってもその夜景のすばらしさだと思います。
 071021yaneredit_08.jpg 071021yaneredit_09.jpg

 071021yaneredit_10.jpg 071021yaneredit_11.jpg

 栄側の窓が2階部分まで全面ガラス張りになっていて、テレビ塔もよく見えます。
 窓の外はバルコニーになっていて、自由に出ることが出来るようにしていました。
 夜はちょっと寒くなってきましたが、こちらも色々と使えそうです。
 
【特別参加】

 071021yaneredit_13.jpg 071021yaneredit_05.jpg
 黒魔術などをモチーフとしたアクセサリーを製作しているBLACK more DARKの凶さんが特別参加。
 今回のハロウィンパーティーにぴったりな感じのアクセサリーなどを販売していました。
 アイテムの作りの細かさ・確かさに加え、値段も安めでよく売れていました。
 使用人の方も買いたいと思っていた方も何人かいて、閉会までにお目当てのものが売り切れないか
 ハラハラしている人もいたようです(笑)
 
【システム】

 今回のハロウィンパーティーでは通常の屋根裏・Re.De.TaiLとは違ったシステムが採られていました。
 入場料1200円でチップ3枚付き。お菓子はフリーで、ドリンクとミニゲームがチップ1枚、
 スペシャルドリンクと特製のお菓子とポラがチップ2枚、カレーライスと3人以上でのミニゲームと
 マイデジカメでの記念撮影がチップ3枚。チップの追加は1枚300円、5枚1000円。
 基本的に立食形式ですが、それなりに座る所もあってちょうどいい感じでした。
 
【感想など】

 まずは、いい場所を使えることになったなあ、と思いました。2階部分も含めるとさらに色々な使い方も
 出来そうです。元々スタジオとして使われているのもポイントかも。準備の面でも何かとメリットが
 ありそうですし、さらに雰囲気を高めていくことも出来そうです。

 今回は会場を移してはじめてのイベントでしたが、特典つきの予約を入れた方も多く、
 終日盛況だったようです。来られた方との距離感も明らかに以前の場所よりも近く、混んでいても
 きちんと目が届いている感じでした。接客に関しても両メンバーともすでに慣れた方がほとんど
 なので、十分におもてなしが出来ていると思いました。

 不満点は特にありませんでしたが、若干チップの清算(受け取り)がおろそかになってたかも
 しれません。来られた方はむしろ得してしまうのですが(^^;
 
 来られた方も思い思いの「正装」をしてくる方も多く、私が夜に再度訪れたときには場所の雰囲気も
 あって、ハロウィンパーティーらしい華やかで和やかな感じでした。
 神楽さんがやりたかった屋根裏は、こんな風に皆で好きな「正装」をして楽しもうよ、という形なのでは
 ないかなあとも思ったり。

 今後もシンデレラの屋根裏さん・Re.De.TaiLさんの開催が楽しみです。
 
 次回 男装喫茶「Re:De TaiL」はこの場所で11/24開催予定11/25開催
 メイド・執事・男装喫茶「シンデレラの屋根裏」はまだ次回日程は未定のようです。

投稿者 jyadoo : 2007年10月24日 18:40

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://jyadoo.s60.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/1039

コメント

コメントをどうぞ(業者によるコメントスパム対策のため、承認してからの掲載となります。ご了承ください)




保存しますか?