<-- プルダウンメニュー -->

« メイドカフェ・コスカフェ関連などのニュース:Maid Jam WestにM's Melodyが参加決定!など | メイン | Pizzeria AZZURO、諸事情によりお休み? »

2009年07月15日

7/5グランドオープン 紳士・淑女のためのカフェ「Imperial Rose」レポ

千種に新しくオープンした、紳士・淑女のためのカフェ「Imperial Rose」さんを取材させていただきました。
(店内は基本的に撮影禁止です。掲載許可を得て撮影しています。)

紳士・淑女のためのカフェ Imperial Rose

090712_Improse013.jpg 090712_Improse04.jpg

Imperial Roseさんは6/28プレオープンし、7/5にグランドオープンとなった日曜日限定のカフェです。
紅茶もフード類もおいしい上にリーズナブルな値段で楽しめる上、接客の細やかな気遣いも素晴らしい、素敵なカフェでした。最初からベタ褒めしてしまうくらいに(笑)

元々ゴシック&ロリィタさんさんたちのお茶会から発展し、店舗を持つ事になったのがImperial Roseさんの成り立ちだそうです(日曜日だけ間借りする形)。強制ではありませんが、簡単なドレスコードを希望されているのはそういった品のある雰囲気を楽しんでもらうため。実際お客さんもロリータさんが多かった感じでした。

 
【場所】 マピオン キョリ測

地下鉄千種駅3番出口からJR中央線沿いに北へ向かい、桜通の手前で東(右)へ。
次の十字路を北(左)へ曲がるとこんな建物があります。

090712_Improse08R.jpg

車道駅からでもほとんど変わらない距離のようです。
表の看板にはこの日は風船もついていて判りやすかった(笑)
この日は1階の店舗さんでパーティーがあったため自転車が賑やかですが、普段はもっと落ち着いた雰囲気があるようです。
階段を上がった2階に店舗があります。

090712_Improse07.jpg
 
【店内】

日曜だけ間借りする形のようですが、落ち着いた良い雰囲気です。
カウンター席が5つ、テーブル席が14名分ほど。
閉店後の取材であったため片付けられていますが、店内でゴシック&ロリィタさん向き物品販売を行っており、もう少し華やかな感じでした。今後インディーズブランドさんの出展の予定もあるそうです。

090712_Improse05.jpg
 
【システム・メニュー】

チャージ料はありませんが、1時間1オーダーにご協力いただければ…とのこと。
入れ方にもこだわった紅茶類は500円から。香りも後味も非常に良く、本当においしかったです。
スコーン・サンドウィッチ・シフォンケーキ・リンツァートルテなどフード・ケーキ類も500円。
こちらも味から食感に至るまで本当においしかったんですが、なんと基本的に全て手作りしているそうです。
他にアルコール類としてカクテル(700円)なども用意できるそうです。
 
個人的なおすすめは「貴婦人のアフタヌーンティーセット」1500円。

好きな紅茶(ポット)を選べる上、2段のケーキスタンドに
・ サンドウィッチ
・ 好きなハーフサイズケーキ2つ
・ 好きなスコーン
をセットしてくれます。 この日はリンツァートルテとシフォンケーキ、抹茶のスコーンを選んでみました。
貴婦人サイズの小さめなセットと言われてましたが、男性でも十分満足のいく量がありました。
何より味が本当においしくて、至福の時間を満喫することができました。

090712_Improse013.jpg 090712_Improse03.jpg
メニューにもフォークとスプーンのアクセサリーがあしらわれていたりと、随所にこだわりが。
 
【制服】

「中世×中性×忠誠」というコンセプトにそった服装をされています。
胸元のアクセサリーはお揃いのもので、店のモチーフである薔薇と紫があしらってあります。また一人一人キャラクターにあわせたアクセントも付いていて、例えばこの写真の方は「メガネ」でした(笑)

090712_Improse01.jpg 090712_Improse02.jpg
 
【ポイントカード】

500円毎に1ポイント。30ポイント満了で1000円割引もしくはスペシャルプレゼントとの交換。
 
【感想など】

本気で感動しました!
何より喫茶店としての基本レベルが非常に高いと思います。この値段でこの質を実現するのはかなり大変なんじゃないかなと思いますが、本当に続いていくといいなと思いました。正直な所、他のメイドカフェ・コスカフェさんも一度来て見たほうがいいように思いました。コンセプトを重視されている所は特に。

いわゆる「コンセプト重視」のカフェで「萌え」とは逆の方向ですが、店内のお客さんからはアニメやコスプレの話も聞こえてきましたし、そう形式ばる必要はないように思います。ただし、紳士淑女としての立ち居振舞いは忘れないようにしたいものです。

セミドレスコードについては詳しくはサイトのほうを見ていただくとして、強制はされていませんが男性ならジーパンは避け、せめて襟付きのきちんとしたシャツくらいは着ていった方が無難かもしれません。きっとそのほうが楽しめると思います。

お茶会の方の写真も拝見させていただきましたが、皆さん楽しそうでした。写真では判らないほど綺麗な女装ロリータさんもいましたが、そういった方も処理などの礼儀をわきまえた方であれば歓迎しているそうです。
 
ゴシックやロリータファッションに対して、まだまだ世間では偏見を持って見られることが多いかもしれませが、そんな目を気にせずに自由に楽しめる場所をつくりたかったんです」と代表のMARE(メア)さんは話されてました。

低価格でおいしい紅茶やケーキなどが楽しめて、コンセプトがしっかりしているなど、個人的には閉店してしまったDear Aliceさんを思い出させるものがありました。こちらはお客さんにロリータさんの比率が高いかと思いますが、やはり男性は紳士としての立ち居振舞いを心がけるようにしたいものだと思いました。

また名古屋にとても素敵な場所ができたものだと思います。
 
 
【関連】 名古屋周辺のコンセプトを重視したメイドカフェ・コスカフェなど

大須に「不思議の国のアリス」をモチーフにした英国風カフェ「Dear Alice」オープン(閉店)
メイドの待つ書斎 Secret Chamber 当サイトオープンレポ
シンデレラの屋根裏(不定期開催)
男装喫茶 Re.De.TaiL(不定期開催)
メイドカフェ M's Melody
 
【関連】 名古屋のロリータカフェ

LOLITA CAFE ADDICT 栄にあるロリータカフェ
5/2 住吉に移転しリニューアルオープンしたロリィタカフェ&バー「ADDICT」レポ(当サイト)

投稿者 jyadoo : 2009年07月15日 20:39

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://jyadoo.s60.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/1293

コメント

コメントをどうぞ(業者によるコメントスパム対策のため、承認してからの掲載となります。ご了承ください)




保存しますか?