<-- プルダウンメニュー -->

« コスプレサミット2011チケット、早くも一部完売 | メイン | ショートストーリーなごや »

2011年06月24日

6/24オープン Maid tea room & Bar MaiLeaf プレオープンレポ

6/24に大須にオープンするメイド喫茶「メイリーフ」のプレオープンが6/22に行われ、当サイトも取材させていただきましたのでレポを掲載させていただきます。

Maid tea room & Bar MaiLeaf(メイリーフ) (mixiコミュ

110622_meileaf01.jpg

「正統派」というキーワードが聞こえてくるメイリーフさんですが、内装、メニュー、メイド服など随所にこだわりを感じました。正統派と呼ばれるのは伊達じゃないです。

【場所】

大須の仁王門通商店街の一番大須観音に近いブロックにあります。

110622_meileaf19.jpg
 
【内装】

中2階があるのが最大の特徴。
1階は禁煙席で2人用の丸テーブルの席が9席で18名。
中2階は喫煙席でカウンターに7名、テーブルが2つで4名の計11名。
合計最大29名ほどになると思われます。

110622_meileaf15.jpg

110622_meileaf16.jpg

名古屋では喫煙可能なメイドカフェが少なく、分煙となるとアフィリアくらいしかないのですが、中2階という構造上完全に分煙を実現しています。地域初なのはもちろんですが、全国的に見ても珍しい構造だと言えます。
似たような構造をしているメイドカフェは大阪のアンダンテがありますが、そちらは半地下と半2階のような構造ですが、メイリーフでは2階同等の高さがあり、天井の高さの分かなり確実に分煙できるものと思われます。1階席に居たのですが、実際2階の煙が流れてくる事はプレオープン時にはありませんでした。

中2階部分は雰囲気がだいぶ異なるのも特徴的です。
バーカウンターがあり、こちらでカクテルなどもつくる予定との事。

また全席にコンセントが完備しているのも嬉しい配慮です。もちろん自由に使えるそうです(常識の範囲内での使用に限ると思われますが)。
プレオープン時には使用していませんでしたが、中2階の下にはプロジェクターがあり、正面のスクリーンに映像を流す事もできるそうです。

110622_meileaf14.jpg 110622_meileaf11.jpg
 
【制服】

完全にオリジナルのロングのメイド服。それだけでもテンションが上がるのですが、細部にもこだわりを持って作られたようです。
修正を頼んでいた制服が届いた物の、イメージと異なる部分があり、プレオープン直前にみんなで手直しする様子がブログにも書かれていますが、胸元のリボンはこげ茶の予定が黒っぽかったため、材料を買ってきて作ったりもしたそうです。緑の制服に合わせるためだそうですが、そのままでも支障が無い部分でもこのこだわりぶり。

110622_meileaf13.jpg 110622_meileaf12.jpg

スカート丈は今の所ロングの1種類のみですが、本来はもう少しだけ短くする予定だったようです。また少し短めのバージョンも作る予定があるらしく、後日登場する事になるようです。
余談ですが階段の上り下りをする際、ロングスカートのすそを持ち上げて歩くのはポイントが高いと思いますw

頭にはメイドカチューシャもしくはキャップを着用。
袖は長袖になっていますが、バフスリーブの先から取り外して半袖にもできるそうです。M'sMelodyの新正装制服などにも採用されているアイデア。

プレオープンでは名札はありませんでしたが検討したいとの事。
ホテルの従業員のような、ちょっと堅い印象の物でもいいかもしれませんね。
 
挨拶は「おかえりなさいませ、旦那様(お嬢様)」
「ご主人様」だとあまりにもアキハバラのイメージが定着してしまっているため、またクラシカルなイメージにしたかったため、このような形にしたそうです。

【システム・メニュー】

平日の昼間のみチャージ無し、他はチャージが500円かかるそうです。
そのかわり紅茶にはクッキー、アルコール類にはナッツなどを付けていきたいそうです。

プレオープンではフード(ハンバーグ)かデザート(アフタヌーンティーセット)の2択でしたが、デザートは売り切れでしたのでそちらの写真はありません。3段のティースタンドを使用したもので、デザートというにはボリュームがあり驚かれる方も少なからず居たようです。本オープンでの値段も気になる所。紅茶はポットでの提供で、オリジナルブレンドの紅茶もありました。ティーコゼもきちんと使っています。

110622_meileaf17.jpg

110622_meileaf18.jpg
 
【感想など】

新規店にしては経験豊富なメイドさんも多かったためか、オープン時によく見られる混乱もあまりなかったように思います。これなら本オープンも期待できそうですが、キッチンは大変そうだったかもしれません。

「リーダー」は置かずにやっていきたいそうですが、メイドさんを代表してチハヤさんにお話を伺ってみました。
「一般の方が気軽に入れるような空間にしたいと思っています。入り口のガラスはもっとよく見える物でも良かったのですが、見えすぎず、中の様子がなんとなく判る程度にしておきました。世界観のようなものは設けず、本場イギリスのように普通の女の子が職業としてのメイドとして働きに来ているという形になればと思っています。」
 
個人的に大阪のe-maidのような、普通の喫茶店としても成り立っているメイドカフェが名古屋にあってもいいのではないか?と常日頃思っていましたが、メイリーフはその穴を埋めてくれる存在になるかもしれません。

正統派としてどの程度頑張っているのだろう?と期待と不安を持ちながらプレオープンに行きましたが、期待以上の部分も多々あり、感心したというのが正直な所です。

投稿者 jyadoo : 2011年06月24日 03:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://jyadoo.s60.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/1446

コメント

コメントをどうぞ(業者によるコメントスパム対策のため、承認してからの掲載となります。ご了承ください)




保存しますか?