<-- プルダウンメニュー -->

« C84徘徊記 | メイン | 9/5プレオープン 乾曜子プロデュースによるアイドルCafe&Bar Carnival☆Stars 番組・ライブコラボ企画も »

2013年09月06日

8/9 一宮にオープン メイドさんの部屋がコンセプトのメイドカフェ Cafe まぁめいど

8/9に愛知県一宮市にメイドカフェ「Cafe まぁめいど」がオープンしました。
「メイドさんの部屋」でご主人様・お嬢さまにくつろいで貰おうというユニークなコンセプトのメイドカフェであり、特にメイドカフェ巡りを趣味とする人から見ると斬新な面もあると思います。

130901_marmaid11.jpg
 
〜めいどのお部屋〜 Cafe まぁめいど

メイドのお部屋「まぁめいど」あおいのプロフィール|Ameba (アメーバ) 公式ブログ
メイドカフェ まぁめいど (mermaid0809) (Twitter)

ぐるなび - Cafe まぁめいど

【場所など】

一宮市本町3丁目3−4 本町ビル3F
電話 050-5797-6338

営業時間 13:00〜22:00(L.O.21:00)  木曜定休

JR・名鉄一宮駅で降りて東口に出ると、目の前に大きな通りがあるのでそのまま直進。
商店街のアーケードを横断して最初の角のビルの3Fにあります。駅から徒歩5分ほど。

130901_marmaid04.jpg 130901_marmaid05.jpg

1Fのエレベータ入口には店名も出ているのですぐわかるかと思います。ボードには今日のメイドさんが記されています。3Fの入口前には在籍メイドさんの一覧。1Fにも注意書きはあるのですが、この看板類だけだと勘違いしたお客さんが入りそうで心配になる所。

130901_marmaid06.jpg 130901_marmaid03.jpg
 
【内装】

内装は一番の特徴と言えるかもしれません。中央がふわふわのカーペット敷きになっていて、その回りをカウンターで囲っています。メイドさんは基本的にはここに「座って」います。席数はカウンターのみで19席。

壁側にはガチャガチャがあり、店内のみで使える「めーどる」を使ってグッズを引く事ができます。

130901_marmaid10.jpg 130901_marmaid13.jpg
 
【メニュー・システム】

1時間ごとに300円+ドリンクワンオーダー。ソフトドリンクが500円なので最低800円からという事になります。

ビールなどアルコール類は700円。メイドさんオリジナルカクテルは落書きコースター付(誰の落書きか選択可能)で1000円。アルコールにすることも可能だそうです。

130901_marmaid14.jpg

定番のオムライスは1000円、「くまさんホッとケーキ」800円、「タワーぱふぇ」800円など。お絵かきメニューはオムライスとホットケーキとラテアート(800円)。そのほか「喜怒哀楽ふりふりポテトフライ」500円など「おいしくなーれ」の愛込めアトラクションメニューもあります。

また0円のサービスメニューがあるのも特徴的(一人1回まで)。おしぼりアート、メガネふき、スマイル、ウインクなどがありますが一部の変態紳士には好評な「ビンタ」がなんと無料でしてもらえますw(注:私個人にはそのような趣味はありませんが)

さらにはラジコンなどのおもちゃも無料で遊ぶ事ができます。気まぐれにメイドさんが相手をしてくれる事も。

130901_marmaid17.jpg
 
【グッズとポイントカードなど】

デジカメで2ショット写真が撮れる「まめふぉ」は500円。ピン写真などのグッズもあるのですが、基本的に店内通貨の「めードル」でのみ入手可能となっています。
めードルはセットメニューを注文すると1つもらえる他、1帰宅ごとにもらえる引換券を3枚ためると1めードルに交換してもらえます。セットメニューはいずれもまめふぉ付ですが、特にCセットは1めードル分お得な感じ。

130901_marmaid25.jpg

めードルは持ち出し不可なので、「まぁめいドル通帳」に記入してもらう形となっています。

130901_marmaid16.jpg
 
またこれとは別に9/1からポイントカードもできました。1000円1ポイントで有効期限はなし。50ポイント満了。1冊満了でラミカードになり、3冊でホワイト、6冊でゴールド、10冊でプラチナ、15冊でブラックカードにランクアップ。ブラックでは入室料が1時間無料になる特典があります。
 
【制服】

市販の制服をアレンジしたものを数種類使用。個人所有のオリジナルで作られたチェック柄の制服が一つだけあるのですが、残念ながら撮影時にはみえなかったため写っていません。

130901_marmaid12.jpg
 
【感想など】

メイドさんが床に座っているというのは衝撃的でした。メイドさんの部屋に遊びに来たというコンセプトであり、メイドさんがシフトに入っている事を「お留守番」と言うそうです。

全員がコンセプトカフェ未経験者という事で相談しながら店作りをしているそうですが、その割には形にはなっているなと思いました。取材時点では開店から1ヶ月近く経っていますが、ご主人様方のアドバイスもあったようです。

「ご帰宅」される方はもちろん一宮の地元の方も多いようですが、名古屋市内や愛知県内の遠方から来る方も見えるとの事。特に岐阜の方が名古屋より近いために寄る場合も多いようです。

またモデルやメイドユニットとしてアイドル活動の予定もあるそうで、目標としてはオリジナルCDを出したり、地元と協力した活動を行っていきたいそうです。基本的に水色のメイド服を着用しているメイドさんがそういった活動を予定しているとの事。

あえて一宮でオープンしたのも、地元を活性化したい、商店街を昔のようなにぎやかな場所にしたいという思いがあったそうです。

「まったりとくついでいただける場所にしていきたいと思っています」と店長のあかねさん。メイド喫茶のセオリーにとらわれない店作りが今後とも気になる所です。
 
【関連】

お帰りなさいませ、ご主人様v: 2013-08-14 13:33:00(8/16 0:40更新)初訪・まぁめいど

投稿者 jyadoo : 2013年09月06日 19:22

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://jyadoo.s60.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/1564

コメント

誤字など細部修正、ポイントカードランクシステムについて訂正、感想に一部追記しました。

投稿者 邪道斎 : 2013年09月07日 07:11


コメントをどうぞ(業者によるコメントスパム対策のため、承認してからの掲載となります。ご了承ください)




保存しますか?