<-- プルダウンメニュー -->

« 8/2 WCS2014 会場で見かけたコスプレイヤーさん | メイン | 大須のSecretChamberで三度目の艦これ風イベント開催中 »

2014年12月06日

11/23に開催された「第1回 メイドサミット in 名古屋」秋葉原と名古屋の豪華メイドさんが集結

141123_03.jpg
 
11/23に名古屋・今池のBL Cafeで「第1回 メイドサミット in 名古屋」が開催されました。
「第1回 メイドサミット in 名古屋」は秋葉原から@ほぉ〜むカフェぴなふぉあLittle PSX、名古屋から萌えりぃMaiLeafが参加した一日限定カフェイベント。参加メイドさんが豪華だったこともあり、オープンからラストオーダーまで入場待ちの列が絶えない盛況ぶりでした。
 
メイドサミット(@maidsummit)さん | Twitter

第1回 メイドサミット2014 in 名古屋
 
【秋葉原のメイドカフェ】@ほぉ~むカフェ | アットホームワールド
秋葉原のメイドカフェ・メイド喫茶 ぴなふぉあ ホームページ
メイドダーツバー&カフェ LittlePSX | メイドさんとダーツ!昼間はカフェもやってる秋葉原のお店

萌えりぃ | 名古屋のメイドカフェ&ダイニング 萌えりぃ
名古屋大須メイド喫茶・メイドカフェ MaiLeaf−メイリーフ−
 
141123_02R5.jpg

この日の参加メイドは秋葉原からは
@ほぉ〜むカフェから hitomiさん、ぽんさん、かがみさん
ぴなふぉあから あやめさん、くらげさん、もえのさん
Little PSXから ゆめさん、ショコラさん

名古屋からは
メイリーフから チハヤさん、カゲツさん、ヒメカさん、アスさん
萌えりぃから ゆふぃさん、ほのかさん、みおりさん、るなさん

そしてゲストとして松下唯さんの計17名が参加。
 
各店舗店長・リーダークラスのメイドさんが集まり、錚々たる顔ぶれとなりました。特に2012年に@ほぉ〜むカフェの運営会社の社長に就任した伝説級のメイド、hitomiさんの参加は元SKEの松下唯さんの参加と共にこのイベントの一つの目玉だったと思います。絶え間ないチェキ撮影やステージでの盛り上がり方を見ても、実際にこのお二人のファンの方は多かったようでした。

141123_11.jpg
 
このイベントの前にはカモフラージュの定期公演があり、一旦クローズして入れ替えと席の準備が行われました。15時の入場列形成時には80人ほどの待ちが発生。準備も間に合って予定通り16時にオープンすると、以降1時間前後の待ちがラストオーダー付近まで続く状態でした。
 
ライブハウスとしても利用できるやや広い会場にはテーブルと椅子が並べられ、数えた所75席ほどありました。
システムは90分1000円チャージ+1ドリンク制で、入場時にチケットを購入(後から追加購入も可能)する形。
メニューはソフトドリンク500円、アルコール800円、おつまみ500円、お絵かきケーキ700円、お絵かきオムライスなどのフードが1000円。物販はチェキが500円、限定ラミカ(全26種)が200円。限定ラミカは26束が用意され、束の表紙ラミカはその束の最後の購入者にプレゼントされるという「ラストワン賞」もありました。
 
チェキはツーショットだけでなく、一人増やすごとに500円追加で複数人と撮る事も可能で、実際に17人全員と撮ってるご主人様もお見かけしました!結構な金額ですし、チェキはポラやデジカメ写真と違って面積が狭いので複数人だと写りが小さいという難点もあるのですが、これだけのメイドさんと集合写真が撮れる、と考えればプライスレスと言えますね(個人的に撮らなかったことをちょっと後悔)。
 
ステージでは1時間に1回イベントがあり、カフェ形式だけではないエンターテインメント性もありました。各メイドさんが歌を歌ったり、LittlePSXのステージではメイド対抗ダーツ勝負をしたり。

141123_14.jpg

141123_15.jpg

そして今回のポスターがもらえるじゃんけん大会などもあり、訪れたご主人様方は十分に満足できる内容だったのではないかと思います。

141123_16.jpg
 
【カフェ形式だからこそ発揮されたメイドさんの実力と魅力】

このようなメイドカフェ合同イベントでは、進行管理がしやすく誰もが楽しめる、ステージを中心としたショー形式になる事が多いと思います。しかし今回はカフェ形式での開催であり、知名度を見ても大勢の方が来ることが予想され、1日限定カフェの難しさを考えると開始前は正直大丈夫なのかな、と思う面がありました。

しかし、蓋を開けてみるとそんな不安は消し飛んだというか、やはりメイドカフェのメイドさんはフロアで働く姿が一番メイドらしく美しく、フロアこそが本領を発揮できるステージである、という事を痛感させられました。
 
「1日限定メイドカフェ、75席が満席、入場待ち1時間」という状況であればメイド喫茶好きの方々ならどういう結果になるか想像がつく事かと思います。普通ならオーダーは大混乱、注文した品はなかなか来ず、時間制限の管理もぐちゃぐちゃになり、どんどん入場待ちの列が伸びていってしまう…そんな最悪の条件のはずです。

ところが、これだけ各店舗のリーダー級の方々ばかりが集まるとそんな事は一切起こらず、お互いコンタクトを取っていないのに各自が自分のするべき事を見つけ積極的にこなし、慌てるどころか普段通りの笑顔まで見せて接客するという、信じられないような現実を目の当たりにしたのでした。
 
普段あまりあちこちのメイドカフェに行かない方なら、一体何がすごいのかピンとこないかもしれませんが、イベントと聞けばメイドカフェに足を運ぶような方々ならきっとその凄さがわかっていただけるかと思います。自分なんかもう感動して涙が出そうでしたよ冗談抜きに。

141123_18.jpg

率先して席へご案内をする、被る事を恐れずに積極的にオーダーを取りにいく、チェキ撮影の手伝いをする、裏方に回ってカウンター内で仕事をする、それでも手が空いてたら積極的に話しかけにいく、ステージを盛り上げにいく…誰一人手持ち無沙汰にしているメイドさんはおらず、どのメイドさんを見ても素晴らしかった。

今回参加したメイドカフェの多くが会話などコミュニケーションを重視する店舗さんだった事も、忙しい中でもいかに満足してもらうか、普段から鍛えられて実力を磨いていたメイドさんが多く、こういった状況にも慣れていたと言えるかも知れません。
 
【次回開催は?】
 
なぜ名古屋で?とか次回開催はいつどこで?というのは皆さん気になる所だと思います。実際そういった質問をされている姿も会場で見受けられたりしました。

主催の方にお話を伺いましたが、ひょんな事から話が進み、今回のイベントが実現したそうです。さらには参加店舗が増える可能性もあったそうですが、まずは一度やってみようという事で、この規模での開催に至ったそうです。

第1回は萌えりぃグループのホスト開催的な形で名古屋となったようですが、次回は名古屋以外、それも地方都市での開催も視野に入れて考えているそうです

地域の枠を超えてこれだけの店舗とメイドさんが集合するイベントはなかなか見られないですし、今後どうなっていくのか楽しみです。もし次回が地方開催だったとしても、これだけしっかりとしたメイドさんがいるのならたとえ遠方でも足を運ぶ意味は大きいように思います。

投稿者 jyadoo : 2014年12月06日 17:30

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://jyadoo.s60.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/1585

コメント

コメントをどうぞ(業者によるコメントスパム対策のため、承認してからの掲載となります。ご了承ください)




保存しますか?