<-- プルダウンメニュー -->

トランクケース改造PC関連のログ

2002年05月10日

アルミトランクでPCを作る(1・素材編)

ホームセンターにて980円のアルミトランクを見かけたので、つい購入。
「工具箱にでもするか」位の軽い気持ちだったのだが、
「MicroATXマザーが入るのでは?」
いけない欲望が。
005.jpg003.jpg

試しにATXマザーを入れて見る
・・・いけそうなんですが。
そしてついにマザーを買ってきてしまった。
ASUSのP5A-B じゃんぱらで4400円。
SUPER7つまりベースクロック100MHzにも対応している。
オンボードはサウンド・USB程度。キーボードコネクタがATだったりする。
006.jpg

電源は以前じゃんぱらでジャンク扱いで売っていた、680円の120Wのもの。
この電源が使いたいがためにソケット7にしたようなモノ。
001.jpg004.jpg018.jpg

実際に置いてみる・・・
008.jpg009.jpg
ぴったりと収まってしまった!


グラフィックカードはAOPENのロープロファイルAGPボード。GeForce2MX200でTVアウト付きで7800円。6800円の物もあったのだが、見つからなかった。オーバークオリティのような気もするが、値段と性能を考えると実は妥当だったりする。
011.jpg013.jpg

グラボを挿したマザーを仮置きしてみる。これでギリギリ収まる状態。
015.jpg


投稿者 jyadoo : 12:09 | コメント (0) | トラックバック

アルミトランクでPCを作る(2・ベース加工編)

早速ケースに取り付ける方法を考える。トランクの内側にはウレタンのような内張りがしてある。振動防止・緩衝材として生かすことも考えられるが、熱に弱そうだしマザーなど固定する際は邪魔になりそうだ。

予想はしていたが、内張りを剥がすと内部はベニヤだった。どうりで安いはずだ。とりあえずウレタンは全て剥がすことにする。
016.jpg017.jpg

マザーを置いて、現物合わせでマザーを固定するビス穴をマジックでマーキングしていく。ATキーボードコネクタの位置もついでにマーキング。
023.jpg

横にして置いた場合、電源がぎりぎりマザーに当るので、電源ケースもばらす。
026.jpg

ドリルで下穴を開け、さらにタップでネジ山を切るのだが、ここで問題発生。
マザーを固定するためのネジはメートルねじではなく、どうもインチねじらしい!一般の店ではインチネジタップなど売っておらず、タップをたててねじ穴を作ることができない。仕方ないのでとりあえず、最もねじ山が合いそうな3ミリと3.3ミリのタップで試して見る。
024.jpg
すると下のプラスティック製のものは3ミリ、上の金属製のものは33ミリでなんとか入るようだった。ただし、ねじ込む相手が木材なのをいいことに若干強引にねじ込んでいる。(特に金属製の方)

いよいよ下穴を開けるが、ここで失敗。
マザー固定用のネジ長のほうがケースの厚みより少し長いため、ケース表面を貫通しネジが少し出る形にしなければならないのだが、厚みをよく考えなかったためにネジが貫通しないようケース表面のアルミに当たる所で下穴をストップし、タップを立ててしまった!当然タップはアルミ部分まで掘り進んだ時点で止まり、その場で溝を掘る・・・つまりせっかく彫ったネジ穴を潰してしまったのだ。当然と言えば当然なのだが。慌てて下穴を貫通させてタップを立てなおしたが、他の固定具も高さを揃える為に予定していたプラネジ(3mm径)は使えなくなり、仕方なく33mmでタップを立てなおし、金属ネジを使う事にする。
しかしやはり強引にねじ込んでる感は否めない。写真のネジもペンチでねじ込んだ物の、根元までは入りきらなかった。
027.jpg

下穴を貫通させてネジをつけた所。表面からはこんな感じ。
025.jpg021.jpg

M/Bと電源を置いてみる。
電源をタテに置けば余裕があるのだが、スペースをケチって横に置いたため、ギリギリになってしまった。
059.jpg

マジックの線がタテに置いた場合。矢印でマーキングしてあるのがネジ穴。となりのM/Bとギリギリの位置。
029.jpg

投稿者 jyadoo : 11:58 | コメント (0) | トラックバック

アルミトランクでPCを作る(3・穴あけ加工編)

基本的に現物合わせで各端子用の穴をあけていく。

033.jpg
電源FAN用の穴。
ポンチングしてから細めに下穴をあけ、

034.jpg
穴を大きくしてからジグソーで切りぬき、ヤスリで仕上げていく。

端子用の穴は、ブラケットを利用してケガく。
030.jpg
031.jpg
036.jpg

同様に穴をあけていく。電源FANの取り付け穴はマーキングでミスしたらしく、ずれて2箇所しか取りつけられなくなってしまった。
038.jpg

各端子を仮組み。ハードディスクも置いてみる。
040.jpg

やはりケーブルを引きまわすと排熱が不安になってきた。ベニヤは熱が溜まるし燃えないとも限らない。思いきって上面全体をアルミ化することにして、マジックでけがく。
041.jpg
044.jpg
テープで仮止めしておき、アルミリベットを打っていく。
046.jpg

端材でハードディスクブラケット?を作る。しかし・・・
047.jpg

この厚みのある部分で止めようとしたが
048.jpg

リベットが短くて失敗してしまう。隣りに2段構造の穴を作って薄くしようとしたが、リベットはその構造上、密着して無いと打て無いので不可。
049.jpg050.jpg
結局もうひとつ穴をあけ、ネジ止めして決着。


053.jpg
仕上げ。500ml 680円で買った40%アルコールの残りで、マジックで書いたけがき線を消していく。

投稿者 jyadoo : 10:46 | コメント (0) | トラックバック

アルミトランクでPCを作る(4・組み付け編)

043.jpg
追加でパーツを買ってくる。左上から
▼USBケーブル
▼温度計(遊び心でwでもやっぱり排熱が不安なので)
▼FAN用フィルタ
▼リセットスイッチ
▼細いネジ各種(各端子をケースに取り付けるため)
▼LED延長ケーブル(電源ファンケーブルを延長)
▼LEDランプ

システムスピーカーも端材を利用して適当に取りつけ。スピーカー自体はじゃんぱらで20円。
054.jpg

マウスコネクタ。そのままだと隣りのUSBコネクタのダミーのようになっているので、切断。
052.jpg

左上段がマウスコネクタ。これでUSB2本(右側上下)のコネクタを差し込める様になった。
060.jpg

全てを組み付けた所。LEDとリセットスイッチは木工用ボンドで固定。
056.jpg
057.jpg

投稿者 jyadoo : 09:50 | コメント (0) | トラックバック

アルミトランクでPCを作る(5・起動編)

これで完成といきたい所だが、動かなくては意味がない。

BIOS画面。ファンの回転数にエラーが。検出できてないだけだろうか。試しに電源を交換しても変わらなかった。
061.jpg

−5Vにもエラー。とりあえず起動はできるようだが・・・
062.jpg

Windows98をいれようとした所、「セットアップファイルの破損が検出されました」と表示され、ストップ。インストールディスクをRに焼きなおしてみたり、ハードディスクにコピーしてみたりしたがだめで、1日悩む。
063.jpg

067.jpg
電源などいろいろ疑った末に、CPUをK6−2 500MhzからMMX233にした所、問題無くインストールできてしまった。原因はCPUの発熱によるものらしい。CPUファンは組み付け編などでわかるように、星野金属のWINDYを使っていたのだが、ODP用のプラスティックでCPUを固定するタイプだし、冷却不足だったらしい。作業途中、K6−2 400Mhzが逝ってしまいへこむ。翌日、98円で売ってたPen3用純正ファンを取りつけて見た所(この辺がまだ懲りて無い)、問題無く起動できた。温度も以前の45℃前後から40℃以下に下がる。温度計を付けた甲斐があったかもしれない。

066.jpg
というわけでついに完成。現在はさらに銅製ファン(1980円)にしてあるが、それでもときどき固まる。HDが古いせいかもしれない。

ラグナロクオンラインも動く。GeForce2MXのおかげ。
065.jpg

追記。
Windows updateをかけたら嘘の様に安定動作するようになりました。
Windows98SE入れると嘘の様に起動できなくなりますが。
と言う訳でWindows98環境で居間用のネットマシンとして現役使用中です。

投稿者 jyadoo : 09:20 | コメント (0) | トラックバック

2002年05月08日

つっくりましょー

つっくりましょー♪

つっくりましょー♪

さってさってなっにがーでっきるかな?

はいっ!できました〜♪

・・・トランクケースPC

trankPC_rollout1.jpg
ラグナロクオンライン動かしてみたり。
 
trankPC_rollout2.jpg
 
簡単にマザーにアクセス!
trankPC_rollout3.jpg


・・・

・・・

・・・

さっさと記事つくらないとね。

投稿者 jyadoo : 17:15 | コメント (0) | トラックバック